WISSET academy(ウィゼットアカデミー) 詐欺なのか?

WISSET academy(ウィゼットアカデミー)  詐欺なのか?

バク管理人です。

 

当サイトでは、フェイクを斬ってリアルを追求してまいります!

さて『WISSET academy(ウィゼットアカデミー) 』という商材について記事にしたいと思います。

「副業コンサル」に関するオファーですが、結論から申し上げますと、まるっきり稼げる根拠のない悪質案件と位置付けております。

その理由を一緒に紐解いていきたいと思います。

 

残念ながら、巷に出回る情報商材に手を出されて、後悔される方がまだまだ後を絶たないようです。時代背景からも副業は益々活況を増しており、拡大傾向にあるとも云われております。そこへ台頭してきているのがグレーゾーンに位置する詐欺的案件であり、元々希少な本物商材は更に深いところへ埋もれてしまい、ほとんど表にでてこない状況となっているようです。。

当サイトをご覧の皆さまには、悪質商材(フェイク)に翻弄されることのないように、お力添えできればと考えております。そして、私バク管理人も認めるような本物商材があれば、こっそりとご紹介していければと考えております。

 

是非、最後までご覧下さい(^_-)-☆

 

まずは、ランディングページよりの概要です。

 

 

 

当然、メリットばかりを強調されてますが、それがもし虚偽であったり、誤解を招くような表現があるとなると、稼げる前提は崩れることになります。その辺りを明らかにし真偽を見極めていきたいと思います。

 

特定商取引法に基づく表記について

 

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。表記がしっかりしているからといって詐欺ではないという訳ではありませんが、悪意をもっている業者というのは、故意に表記を曖昧にしていることが多いようですので、最重点で確認したいところです。

 

 

販売会社 記載なし
責任者名 記載なし
所在地 記載なし
連絡先 記載なし
URL 記載なし

 

当案件に関する特定商取引法に基づく表記についてですが、まったく表記がなく規約違反を犯していると判断します。これは、消費者保護の観点が欠落しているようで、由々しき事態となっております。

  1. 販売会社が法律(ルール)を守る気概がない。
  2. トラブルがあったとしても逃げられる恐れがある。
  3. 預けている金銭や個人情報を取り戻すのは極めて困難。

のようなことは、懸念しておくべきです。関わると危険性が高く近寄らない方が無難と言わざるを得ません。

 

 

『WISSET academy(ウィゼットアカデミー) 』について

 

ビジネスモデルは『副業コンサル』のようです。

 

このような展開は間違いなく、悪質なASP(アフィリエイトサービスプロパイダー)と共謀して、仲介料目的に無尽蔵なオプトインアフィリエイトを行う、悪徳アフィリエイターの典型的手口です。これでは、参加者(ユーザー)が稼げる可能性はゼロに等しいことになります。

ユーザーに登録させることができれば、仲介料としての報酬が支払われる仕組みから、そこまで誘導できればまず第一の目的は達成となります。しかしオファーの本当の狙いはそこからで、高額、悪質なサービス販売を全力で促してきます。これが主宰者側の期待する大きな収入源となるのです。蓋を開けると何とも悪どい構図になっているのかが分かっていただけると思います

 

ネタバレ・評判・評価について

『WISSET academy(ウィゼットアカデミー) 』ですが、キャッチコピーにあるような収益を得るためには、相当なスキル、センスが必要になってくることが分かります。それを容易に実現するための特別なノウハウ(これこそ価値のある)が込められているのでしょうか?知りたいところですよね。(^_-)-☆

まず言えることは、収益を裏付けるエビデンスが大きく欠落しています。少々データを掲載しているようですが、偽装・捏造なんて簡単にできる訳です。つまり、この手のオファーでは下記のような稼げる根拠(エビデンス)というものが最も重要になってくるはずということです。

(確認したいエビデンス)↓↓

  1. 運用実績データ。できるだけ長期間で、膨大な量を収集したもの。
  2. そのデータの透明性が担保されていること。(偽造、捏造されていない)

その信頼できるエビデンスがなければ疑ってかかるべきということです。

 

 

『WISSET academy(ウィゼットアカデミー) 』の評価や評判はどうなんでしょう?検索して情報を集めてみましたが、注意を喚起するような内容が多く見られるようで、肯定的な記事は皆無といっていいくらいの状況です。

多くの参加者へ稼ぐノウハウを伝授したのであれば、それなりの記事があっても良さそうなものですが、おかしいですね。(^_-)-☆

 

先述しているように、特定商取引法に基づく表記の不備については、主宰者側も承知のはずで、そもそも法律(ルール)を守る気がない姿勢が伺えます。この点も大きなネガティブ要因となりそうです。。

 

『WISSET academy(ウィゼットアカデミー) 』まとめについて

 

この流れですので当然ですが、私なら参加しませんし、おススメもしません!

主には先述してきたように、エビデンス不足や主宰者側の姿勢など、関係を構築していけるだけの信頼のおけるオファーとは考えにくいですね。(^_-)-☆

もし、ランディングページにあるような稼ぎを実現可能なのであれば、今回のようなオファーの出し方をするでしょうか?

つまり、詐欺でないにしても、フェイク案件で稼げない可能性が非常に高い!という結論に至る訳です。単発的にまぐれで稼げることもあるかも知れませんが、LPとは大きく乖離してくると、当サイトでは見ております。

 

ここまでくると、今回のオファーが明白になってきたのではないでしょうか♪

 

 

 

もちろん、近づかない方が賢明ですね!(^_-)-☆

 

 

 

バク管理人