池田宣史 リスクゼロ不労所得の秘密 実態は詐欺?

池田宣史 リスクゼロ不労所得の秘密 実態は詐欺?

バク管理人です。

 

さて『リスクゼロ不労所得の秘密』という商材について取り上げたいと思います。

この商材どうなの?と、お調べになっていて、ここへ辿りつかれた方もいらっしゃると思います。お一人でも多くの方に、参考いただくことができれば何よりです♪

先に申し上げておくと、当サイトが掲載する巷に出回る情報商材において、実に、参加者の99%の方が、何らかの後悔をされておられると分析しております。

雇用情勢が変化する昨今、副業を追い求め、更にこういった商材の需要も、残念ながら高まるものと推測されます。ここをご覧の皆さまには、どうか慎重にご判断いただけますよう願っております。(^_-)-☆

 

まずは、ランディングページよりの概要です。

■各国の「政策金利」を合法的に利用しながら一切働かずに「毎日配当」が受け取れます

■たった2年で12億35,935,000円の利益実績

■富裕層が密かに使っている為替のスキマを突いた完全合法資産運用法

 

何やら景気のいいキャッチフレーズが並びますが、果たして本当に稼げるのでしょうか?

 

その答えはNO!です。

 

その理由について、じっくり紐解いていきたいと思います。

 

●特定商取引法に基づく表記   

 

販売会社 記載なし
責任者名 池田宣史
所在地  東京都港区高輪1-4-3-1801
連絡先 050-5374-8117
URL  info@ffd24-s.com

 

ちなみに特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

当商材を販売するにあたって義務付けられている特定商取引法に基づく表記についてですが、販売会社名の記載がありませんでした。上述の通りで、消費者保護の観点がまったくなく、由々しき事態と言えます。

 

 

●商材『リスクゼロ不労所得の秘密』について

 

ビジネスモデルは『FX』でスワップポイントを活用するのが特徴のようです。

スワップポイントとは、簡単に言うと金利です。高金利の国の通貨を持っていると、その金利が一定期間入ってくるという仕組みです。FX投資をされている方であればお分かりだと思いますが、投資の中でもかなりスタンダートな手法です。池田宣史 氏が言うように期間限定で公開するような特別なものではありません。

池田宣史 氏は赤字リスクも資金消失のリスクもゼロと謳っていますが、スワップポイント狙いの投資にも当然リスクはあります。動画ではトルコの金利が高いと紹介されていますが、トルコリラと円の関係は15年前は1リラ=100円近くありましたが、現在は1リラ18円程度です(2020年2月時点)。15年前に100万円分のトルコリラを持っていたら、今現在では18万円分まで減っていることになります。確かに高金利通貨の投資は今でも人気があり、良いタイミングで売買すれば稼ぐことも可能です。ただ、金利が高い通貨は、信用が低いために高金利にしないと外貨が入ってこないという側面があります。信用の低いものに投資するには正しく状況を判断しないと大きなリスクにつながってしまうので、注意が必要です。

ちなみにリスクゼロの不労所得システムの販売価格は30万円となります。

 

●ネタバレ・評判・評価について 

 

参考にできるコメントを何点か抜粋してみました。

政策金利 ”を利用した「リスクゼロ不労所得システム」を使って、本来一般投資家は絶対に行えない「金利の鞘取り」を完全合法に、そしてリスク無く、業者完全公認でやっていくというものです。

しかし、為替市場においては、必ず損益が発生するので、損失を被ることなく一生利益を得るというのは本当に可能なのかという部分が懸念されます。

出典元:https://d-6th.com/archives/2407

 

動画の中では10万円からでもスタートできるといっていますが、池田宣史 氏の運用通りに増えても稼げる金額は限定的です。

 

しかも今回のオファーは『30万円』で販売されていますが、それほどの価値があるとは思えないので、購入は見送った方が賢明でしょうね。

 

出典元:https://bitcoin-land.net/risk-zero/

 

ここまで、悪評というより酷評が多いようですね。

 

●『リスクゼロ不労所得の秘密』のまとめ

 

やはり、推奨はできません。

いわゆるスワップポイントは、ツールを使って稼ぐようなものではないということは大原則です。

ツールは30万円と高額ですが、品質的にはどうなのでしょう?そこが当案件最大のポイントとなります。

導き出された結果が、高い精度で予測できているかどうかがもちろん肝となります。高精度な成績の裏付けとなるバックテストの回数や実績値こそが何よりのエビデンスとなり得ます。『リスクゼロの不労所得システム』はどうでしょうか。全くデータが公開されておりません。つまりは精度が立証されていないと考えることができます。

バイナリーオプションなどに比べるとリスクは少ないとは思いますが「リスクゼロ」を堂々と謳うのはさすがにまずいのではないでしょうか。為替市場においては、必ず損益は発生しますので、損失を被ることなく継続して利益を得るというのは現実的ではありません!

商材が30万円となります。回収だけでも危ぶまれるのが実態ではないでしょうか。

 

もちろん、近づかない方が賢明です!

 

どうか騙されないで下さい!(^_-)-☆

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

バク管理人